司法書士

司法書士の特別研修の特徴について
2012年の4月に司法書士法が改正され、司法書士が簡易裁判所において訴訟活動ができることになりました。

それにより、必要な知識等の能力を確保するために、特別研修が実施されます。特別研修の特徴として、講義を聴く事だけでなく、模擬裁判、ゼミナール等の実践的なものになっています。

また、研修受講者が自ら事案を作成して、それに沿って自ら研究して、その結果を発表する様になっています。特別研修においては、全国同一の教材を使いながら、研修内容も全国的に同レベルのものになっています。

ですので、全国の司法書士にとって、この研修を受講する事はとても意義のある事です。